病気と一緒に

ARTICLE PAGE

in 入院のお話

血糖値の怖さ

-0 COMMENT
血糖値

2009年 3月3日SLE悪化の為、腎臓の機能低下により緊急入院。
4月上旬に腎生検を行い腎臓稼働率70%と言われたが特に今すぐに機能が停止して透析になる事はないとの診断を受け一安心。
それからステロイドの量を4mgから60mgに増やしやっと治療が始まった。
ステロイドが増えたせいで胃がびらん性胃炎になって食事が取れなくなったり、浮腫があるため利尿剤を服用していたら効き過ぎて起立性低血圧でぶっ倒れたりと初めての経験で病院への不信感が募っていった。
(入院中の不手際なミスの話はまた今度)

そんな中、毎食事に看護師さんが血糖値を計りにきてくれてるのだが、急にとんでもない数値をたたき出した。

プクプク063さん!血糖値が500です!
すぐにインシュリン注射をします!

って事で、人生初めてのインシュリン注射が始まった。

血糖値については入院する1年位前から血糖値を下げる飲み薬を服用していた。
食後ですらこんな高い数値をたたき出すことは無かった。
恐るべしステロイド💦

入院前に服用していた血糖値の薬は食事中の血糖値が急に上がらないようにする薬。
食前にこの薬を服用しインシュリン注射をしてから食事を取るスタイルになった。

こんな感じで暫くは良かったんだけど、急に朝方の血糖値が血糖値の正常値の低ラインの70を下回り、俗に言う低血糖になりブドウ糖を毎朝くらい飲む羽目に・・・。
朝食後、昼食後、夕食後は相変わらず血糖値が高めでインシュリンを打っていた。

身体って慣れると怖い物で朝食前に血糖値を測ると50とか45とかになっているにも関わらず私はケロッとしてて、看護師さんが慌ててブドウ糖飲んで下さい!って言われていた。
で、こんな状態が続いているのに担当医には話が行ってないらしく、相変わらず朝・昼・夕とインシュリンを打つ。

まあ、この時には担当医が患者の状態を把握してないって事は入院中に嫌と言うほどあったので期待はしていなかったので持参していたMy血糖測定器で夜中に何度か血糖値を測っていたら・・・
夕食後の血糖値が180あったのが夜中の2時には70まで下がり、4時には60に!!
これじゃあ朝の血糖値が50とかになるわけだ・・・orz

で、日中売店でおにぎりを買っておき夜中に食べるのだがあんまり効果はなかった。

担当医にこの事を話すと今までの血糖値記録してる?と聞かれメモしていた用紙を渡すとやっとインシュリンは朝・昼だけで夜は無しって事になった。

入院中PCノートを持ち込んでいたので調べてきたら【ステロイド性糖尿】。朝方ステロイドを服用の場合昼から夜にかけては血糖値があがりやすいが、朝方はステロイドの影響がすくないので血糖値が下がるとあった。

普通の暴飲暴食の糖尿病とは違い、ステロイドによる高血糖は薬の濃度で高くなったりするため、濃度が薄くなった朝方は血糖値を下げる薬が効きすぎてしまうとあった。

インシュリンを夕食前に打つ事を止め、徐々にステロイドの量が減っていったら血糖値も下がり始め、インシュリンを打たず飲み薬で良くなっていき、なんとか夜中の低血糖はなくなってきた。

実は1回急な低血糖になり頭がぼ〜っとし始め意識が朦朧となって看護師を慌てさせた事があった。

その後はブドウ糖を多めに渡され、血糖値が70以下の場合飲んでください!っと言って渡されていた。

今はステロイドも4mgまでになり血糖値も通常な為、血糖値の薬は服用していない。
  • Share

0 Comments

Leave a comment