病気と一緒に

ARTICLE PAGE

in 薬の副作用

薬のせいで抜歯禁止と治療制限

-0 COMMENT


膠原病疾患の方ならわかると思うけど、SLEって虫歯や歯槽膿漏や口腔潰瘍・口内炎とかなりやすい。

それでも私はそんなに頻繁に口の中でのトラブルはなかったんだけど、長期ステロイドとか服用しててそのうえ年齢もおばちゃんになってるから歯茎が悪くなってきてる。

2009年の入院時に虫歯を放置してた歯が疼き始め、入院してる大学病院の口腔外科で治療を始めた。

この時は特に服用してる薬との相性と言うか・・・問題がなかったのでサクサクと治療をしてもらっていた。


前回の治療から2年経ったあたりから左の奥歯がなんか浮いてる感じがする事が多くなり、歯槽膿漏!?とか思って薬用の歯磨き粉などでこまめに磨いていたけど、ちっとも改善しない。

そんな状態が続いたけど歯医者には特に行く事はなかった。

今に思えば早くに行っていれば良かったんだろうけどね(;^_^A

今年になって調子の悪かった歯と言うか歯茎が痛み始めロキソニンを飲んでも我慢できなかったので近所の歯医者に久しぶりに行った。
結果は所謂歯肉炎って事で抗生物質と痛み止めをもらってその時は数日で痛みが消えた。



そして先月末、また同じ箇所が痛み出し前回と同じ様に痛み止め効かず(ToT)

近所の歯科では持病があるからって事で通院してる大学病院の口腔外科に紹介状を書いて貰い受診。

レントゲンの結果は数年前に治療して被せた銀歯の神経がまだ残っていたのと、細菌が溜まりやすい奥歯と悪条件が重なって歯茎に膿が溜まり痛みが出ているという診断だった。

健康な人なら歯茎を切開して膿みを出して・・って言う治療になるが、骨粗鬆症治療薬でプラリアの注射をしているせいで安易に歯や歯茎にダメージを与える治療ができない。
このプラリアって薬の副作用に顎骨壊死があって顎の骨や組織が壊死しちゃうっていう結構怖い副作用がある。

抜歯などしたらこの副作用に影響する可能性があるから歯科医は抜歯を選択枠から外すようだ。

でも、痛みをどうにかしないといけないが・・・・
かなり膿が溜まっていて顔も腫れてきてしまっているので早急になんとかしないといけない状態。

抜歯はする必要がないという診断で歯茎の一部を切開して膿を出せば痛みも軽減できるから・・・やってみますか?と聞かれ痛みが無くなるのであればお願いしますと即答し、施術してもらった。


結果、切開して2日目くらいから1日3回服用していたボルタレンも日に1回飲めば痛みが治まる程度に。
その間、しっかりと抗生物質を服用し切開から5日目に抜歯をし痛みが無くなり今に至る。

ただ、今回は膿を出すのが目的の治療だったので、被せてある銀歯を取って根本的な治療をする必要があると言われ歯茎の炎症が治まったら近所の歯医者で治療をする事になる。

今回は切開で済んだから良かったけど、抜歯とかそういうのがプラリアのせいでできないって事になったらどうするんだろう・・・。

沢山の薬を服用する必要がある病気の場合、薬のせいで治療できなかったりするのって本末転倒って感じもするが、なんとかならんものかねぇ〜



  • Share

0 Comments

Leave a comment